なるほど告知欄じゃねーの

■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

札幌・ススキノに5年ぶり新人登場

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2018/01/11(木) 16:02:11.19 ID:S+RPyRpS
<芸妓>札幌・ススキノに5年ぶり新人登場
1/11(木) 8:42配信 毎日新聞

https://amd.c.yimg.jp/amd/20180111-00000004-mai-000-2-view.jpg
 札幌・ススキノに、5年ぶりに新人の芸妓(げいぎ)が登場した。
札幌市出身の千恵さん(25)=本名・秋元麻依さん=は「見習い」として稽古(けいこ)に励む日々。
「早く一人前になって札幌の芸妓界を盛り上げたい」と情熱をのぞかせる。

 20歳のとき大学を中退してアルバイト生活を続けていた千恵さんは、
札幌の経済界有志が昨年2月に発足させた「さっぽろ芸妓育成振興会」の募集情報をネットで見つけた。

 以前から日本文化に関心があり、愛読書は永井荷風の「すみだ川」。
買い物などで外出する際に着物を着て出かけることもあるほどで、
花柳界について「礼儀作法に厳しそう」と感じながらも、強い憧れを抱いていた。

 この機にと飛び込んみ、本格的に稽古を始めたのは11月下旬。
ススキノの公民館であった踊りの稽古では、
師匠・沢田啓子さん(74)が振り付けや所作について身ぶり手ぶりも使って指導した。

 これまで日本舞踊や三味線などの芸事の経験がなかった千恵さんは、
それぞれ週1〜2回の稽古に加え、自宅に帰ってからも鏡の前で一人練習。
お座敷の見学も重ねている。
芸妓として半世紀以上活躍し、千恵さんの名付け親でもある沢田さんは
「一人前になるまでに10年はかかる。地道に稽古を積み重ねていくしかない」と話す。

 札幌商工会議所によると、札幌には以前ススキノを中心にお座敷を持つ料亭が40軒以上あり、
1950年代には300人近くの芸妓が活躍していたとされる。
だが今では「さっぽろ名妓連」に在籍しているのは40〜70代の10人にとどまる。

 そこで振興会は新人芸妓を育成しようと、支援策として対象者に着物などの支度金30万円と、
育成期間中の3年間は月10万円を支給する事業を始めた。
これまでに約15人が応募し、千恵さんを含めた2人が初合格した。

 「芸事の練習や着物の手入れなどやることは多いけど、好きなことだから」と笑顔を見せる千恵さんは
「英語が得意なので、将来は外国人観光客にも対応し、札幌の芸妓界をみなさんに知ってほしい」と話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00000004-mai-soci

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2018/01/14(日) 13:55:13.99 ID:Tb1IKQOt
名案内○ナン的なやつかと思った
ススキノゲイシャというやつか

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2018/01/14(日) 19:12:52.14 ID:cLIcBNUC
廃れる一方ですな

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2018/01/18(木) 07:54:14.66 ID:bz/t7fKm
ススキノっていうからてっきりエッチなのかと

2KB
新着レスの表示

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.4 20131106
ぜろちゃんねるプラス