なるほど告知欄じゃねーの

■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

小惑星「イトカワ」の微粒子を分析 年代特定に成功

1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2018/08/09(木) 21:44:30.14 ID:6mai5+kI
小惑星「イトカワ」の微粒子を分析 年代特定に成功
2018年8月8日 4時19分

日本の探査機「はやぶさ」が世界で初めて小惑星「イトカワ」から持ち帰った
微粒子を大阪大学などのグループが分析したところ、イトカワはおよそ46億年前に
できた小惑星が壊れて今の姿になったことがわかりました。地球から遠く離れた
小惑星のできた時期が実際のサンプルで特定されるのは初めてです。
日本の探査機「はやぶさ」は、8年前、世界で初めて小惑星「イトカワ」で
採取した微粒子を地球に持ち帰りました。

大阪大学大学院理学研究科の寺田健太郎教授らのグループは、この微粒子に
含まれるごく微量のウランと鉛の質量の変化を詳細に分析しました。

その結果、この微粒子は46億4000万年前にできたことがわかったほか、
15億1000万年前に大きな衝撃を受けて粉々になったことを示す反応も検出されました。

このためイトカワは、46億4000万年前に誕生した小惑星が壊れて今の姿に
なったと考えられることがわかりました。

グループによりますと、小惑星のできた時期が実際のサンプルで解明されたのは
初めてだということです。

寺田教授は「小惑星の起源はよくわかっていなかったが、実際の微粒子を
分析することでイトカワ全体の歴史を明らかにすることができた意義のある成果だ」
と話しています。

(続く)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180808/k10011568411000.html

2 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2018/08/09(木) 21:44:45.77 ID:6mai5+kI
リュウグウの分析にも期待リュウグウの分析にも期待
イトカワの微粒子は非常に小さく、その断面は髪の毛よりもはるかに細い
50マイクロメートルほどです。

大阪大学などのグループは、ごく微量の原子の質量を分析することができる
特殊な装置を使って、この微粒子にごくわずかに含まれるウランや鉛を見つけ出し、
その質量を分析することに成功しました。

大阪大学では「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」から持ち帰るサンプルの
分析も行うことにしていて、現在、さらに高性能な装置を開発しているということです。

寺田教授は「正確な分析ができるようになることで、太陽系の起源をより詳しく
研究できると期待している」と話していました。

(終わり)

3 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2018/08/09(木) 22:42:10.18 ID:LUyE7GI7
地球と大体同じ年か

4 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2018/08/11(土) 19:55:22.86 ID:NnvR9rxJ
なんでもいいから早くインジウムとかパラジウムとか金銀銅みたいな
貴金属の塊の小惑星が日本の近くに落ちてくれ

2KB
新着レスの表示

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.4 20131106
ぜろちゃんねるプラス